So-net無料ブログ作成
-| 2010年06月 |2010年07月 ブログトップ

BOSE 201V [オーディオ]

Bose 201Vを購入したわけです。
これまで音楽はパソコンに入れて、それをM-Audioの
小さなパワードSPで聴くのがメインでした。
しかしSPは液晶ディスプレイの両サイドにあるので、ベースの動きも
聞き取れるくらいの音量にすると結構ウルサイ。
(基本、HEAVY METALです)

一応リビングにAUDIO ANALOGUEのENIGMAとMONITOR AUDIOの
Radius 45HDというイタリア英国混成軍セットが
置いてあったのだけど、これで聴く機会はなかなかありませんでした。
METALは家族の理解を得られていません。
しかも、少し音量を上げると歪む歪む。
アンプが50+50wでスピーカーが25+25wですか。笑えます。
スピーカーを選ぶ時にテレビの下に入るか否かというサイズ問題だけを気にした結果でありました。
不明を恥じ倒しております。

リビングの、テレビ周辺の模様替えを機にENIGMAを
僕の部屋に戻しまして、スピーカーも買い換えることにしました。

Bose201V.jpg

こんな適当極まりない「ただ置いただけ」セッティングでも素敵な音で鳴ってくれます。
定位もちゃんとしているし、小さな音量でもベースの外郭が聞こえます。
(聞こえるか否かという低レベルな話ですが、音量制限がある環境では重要ですよね)
キックもガスガス鳴ってくれます。
そして、デカイ音で鳴らしても、喧しくありません。
HEAVY METALはもともとの録音自体がよろしくないものが多いので
原音忠実再生よりは、BOSEみたいな味付けの濃いスピーカーが合うのでしょうね。

……と、実は、それほどオーディオ体験はありません。
5年に一度くらい発作的に取り替えたりしますけど。

ENIGMA買った時はイタリア・オペラにハマっていました。
当時のスピーカーはPMCのFB-1だったかな。
ダイナミックレンジが広いオペラにはENIGMAは良いです。
ダイナミックレンジが恐ろしく狭いMETALでも問題なし。
大は小を兼ねるってやつでしょうか。
いや、BOSEのおかげ?

歪んでしまうのは論外ですが、耳元で喧しいというこれまでの環境に
比べると、ああ、METAL HEAVENであります。

あとは、スタンドを使ってスピーカーを耳の高さまで上げたいのですが、そうすると
背後のギターを取り出せなくなってしまうという問題が。
……きっとこのままだな。

musuko_leg.jpg


久々に、全身が入る箱を得て息子も大喜び。

僕の因習

100620_022919.jpg

子供の頃からの中途半端な収集癖。
例えば、シリーズものなのに欠けていても平気。
思いつきで何かに手を出してしまう。
未だ治らず。
大人になって、多少は自由になるお金が増えると、我慢が効かない。

中途半端な大人買い。

100620_023900.jpg
塗料も揃えることになりそうだ....
でも、塗らないんだ。きっとそうだ。

金額的にはそうでもないけど、こういう出費を抑えれば
やがてそれなりに高価なものが買えるのだよね。
このあたり、妻は見事なんだよなあ。
本当に欲しいモノをしっかり手に入れるんだ、彼女は。

しかーし、見習うのは悔しい。



ipadかノートパソコンか [Amplifier]

業務上、可搬性に優れたノートパソコンがあると便利だと考え始めてから
3ヶ月くらい経っただろうか。
まだ入手していないのは、必要度が68/100であることに加えてiPadなんて
モノが登場するので、そっちの方が良いのではなんて思っていたから。

昨日、知人のiPadを触らせてもらった。
あんなことやこんなことができる!
何より、触っていること自体が楽しい。

これ、やっぱり欲しいわあ。

しかし。
自分に必要なのは出先でもある程度の作業ができるもの。
つまりはインターフェイスがしっかりしているもの。
しっかりというか、慣れ親しんだ普通のキーボードがついているもの。
iPadにキーボードを繋げるのは、何やら無粋だ。
機動性も半減だろう。

結論が出た!

iPadが欲しいというのは、一昔前の、AIBOが欲しいとか
さらに遡ればHONDAのCR-Xが欲しいとか、もっと遡れば
カラーテレビが欲しいとか、僕にとってはそれらと
同じような欲求なのだ。

そりゃiPadが手元にあれば、iPadならではの仕事や手法というものを
見つけ出したり学んだりできるかもしれないし、使っていれば文字入力にも
慣れるかもしれない。
未練はたっぷりだが、やはり、今抱えている問題を解決するのが先だ。
必要なのはiPadではなくノートパソコン。
持ち運びしやすい、薄くて軽いタイプ。

そうだそうだ。
これでスッキリした。

さて、ノートはWindowsにしようか、いや、iPad同様気になって
仕方がないMacBook Proもいいぞぉ、などと考えつつ
フラリと楽器屋に入ったらなかなか珍しい中古があったので
エヘヘと試奏させてもらっているうちにウフフとすっかり
その気になって深く考えずにアハハと買ってしまったENGL E530(プリアンプ)は
iPadと同じ値段だった。

engl530.jpg

キャビネットシミュレータ付ダイレクトレコーディングアウトが
付いているからとても実用的だ。
ヘッドフォンアウトには1.5wのパワーアンプも付いているから
小さな音ながらキャビに直接繋げるのであるぞ。
すごい! すごいぞ!

残念ながら文字入力はできないのであった。


Bassの弦を交換したのだ [Bass]

Bass_str.JPG

久しぶりにベースの弦を交換した。
ブライトでビカビカな音を録音しようと思った。
SSLのALPHA CHANNELに直接ベースを挿していじくっているうちに
程好くブリっと歪んだ音が録れたので、調子にノってあれこれ音を重ねてみた。
結果、弦なんてなんでもいいわい!という音になった。
ベースはSpector NS-2(いわゆるKramer期)。
ブースターはLow、Highともにフル。



途中で演奏止めた残尿感たっぷりな出来映え。
僕は一貫してHEAVY METALを作ろうとしているのだけど
どうも、違うなあ。
ベースから作るとこんな感じになってしまうぞ。

演奏の腕前に関してはノークレームノーリターン希望……。
実は音源制作より写真撮影に時間がかかっていたり。

一応、使用楽器や音源とか。
Gibson SG std
Zoom G1
Vocaloid Prima
俺の声
SD2
Sonar&プラグインたくさん



-|2010年06月 |2010年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。